菊陽 パチンコ 優良

菊陽 パチンコ 優良

 まあ、ここはもう安全なので良いのですが」背後からアルデハイトに声をかけられる

あなたも好きかも:steam boy ゲーム機
「お前、ついさっき、何かかっこいいこと言って 去ったばかりだよな?」振り向いてそう言うと、スーツ姿のアルデハイトは「それをぶち壊すことで、爆笑するのも あの方の趣味なのですよ」「ああ、マイカがね……」未だに現実感が無いがこいつは虚無の王なのである

そんなこいつを使えるマイカはなんなのか……

あなたも好きかも:パチンコ リアル鬼ごっこ 保留
いや、考えたらダメだ

アルデハイトはため息を軽く吐きながら「行きましょうか

サンミーさんはここで 寝かせておくことにします

 良いですね?」とドドンガを見て言う

あなたも好きかも:パチスロ まりも 道
ドドンガはサッと俺の背中に隠れて「問題ないだす……」「助かります

では行きましょうか」アルデハイトはサッとサンミーの背中から飛び降りた

俺も寝ているナーニャを背負ってさらにドドンガには俺の二の腕を両手で握ってもらい、背中から一気に飛び降りた

アルデハイトは、飛び降りた俺たちを一瞥すると右腕を高く掲げた

すると、遠くから一つ目と口のついた寄生されたエアカーもどきが道路の車線に沿って、すぐ近くまで走ってきて停まった

アルデハイトは開いた扉を指さして「どうぞ、お乗りください

 私は一足先に、目的地に行っています」スッと消えた

娘を背負った俺とドドンガは座席の中へと乗り込んだ

十分弱ほどで目的地へと到着して外へと出ると、着いた先は変な着色のビルの入り口前だった

薄緑色に全体が塗られている

アルデハイトは外には居なかったので、入り口の自動ドアを潜り中へと入っていく

ロビーには、多種多様な不思議な形と色合いの椅子が並び当り前のように奥のカウンターにも人は居なかった