ジャグラー実戦

ジャグラー実戦

 止められない

止める必要がない

そう、もはや彼にはどうでもいいのだ

あなたも好きかも:千葉 ガーデン パチンコ
なにもかも、どうでもいい

いま、目の前にいる娘ひとり救えないというのに、なにをどう遠慮しろというのか

荒れ狂う感情の在るが儘に力を放ち、世界が傷つこうとも構いはしない

それが自分だ

それが破壊者と、狂王と呼ばれた自分の在り様なのだ

あなたも好きかも:スロット 最大負け
「ク、オンの……せい、じゃな、い……」 声が聞こえた

あなたも好きかも:ラインバレル スロット 中古
 耐え難い苦痛の中、それでも必死になって紡がれた言葉は、怒り狂うラムレスの心に涼風となって吹き込んできた

彼は、その瞬間だけ、冷静さを取り戻す

変容し続ける愛娘の無惨な姿を目の当たりにして、再び怒りの炎が噴き出すまでの、ほんの一瞬だけ

「ユフィーリア!」「もちろん、ラムレスのせい、でも」 彼女は、全身の三分の二ほどが白化し、変容の真っ只中にあった

人間でも竜でもなく、まったく別の、神の尖兵への変容

それが終われば、そのとき、彼女の意識は消えてなくなるだろう

ただの哀れな神の人形へと成り果てるのだ

そうなれば、もはや滅ぼすしかなくなる

救いようがないのだ