スロット インフィニットストラトス 評価

スロット インフィニットストラトス 評価

あの時はイブメリアが待っていてくれたけれど、今回は季節は待ってくれない

春告げを経て街や森はどんどん新緑に色付いてゆき、ディノが一緒に見ようと話していたあの木もそう遠くない内に花をつけてしまうだろう

そんなことを考えると、自分がどこかでこの問題は長引くのかもしれないと覚悟をしているようで嫌になる

ふすんと鼻を鳴らして、こんなことで地味に心を損なっている自分の贅沢さに悲しくなった

(ディノはまだここにいるし、指輪だってこのままでいいと言ってくれてるんだから……)アルテアやゼノーシュも、今回の異常について心を傾けてくれている

彼等の時間を削って、ネアに力を貸してくれているのだ

なのだからネアはネアで、ここでいじけていないで、きちんと今のディノとこれからの問題を話し合うべきだ

あなたも好きかも:スロット リング 終焉 ゾーン
そう考えてあちこちを探し、ようやく戻った部屋の中でディノを見付けた

「良かった

ここにいたのですね

あなたも好きかも:ブラックジャック 人面瘡 ネタバレ
ノア達とのお喋りはどうでしたか?」ほっとして笑顔になってしまうが、いつものようにその手や三つ編みを捕まえるだけの距離には近寄れない

長椅子に寝そべって外を見ていた魔物は、こちらを一瞥してからつまらなそうに小さく息を吐いている

先程までは少し興味を示していたが、気紛れな魔物らしくすっかりこちらを見なくなってしまった

(当然だわ

この魔物は、私のことを知らないのだもの)足元が揺らぎそうになりながら、ネアは何とか当たり障りのない微笑みを貼り付けた