牙狼 パチンコ 曲

牙狼 パチンコ 曲

「……ふむ

これでどうにか、悪さをするアルテアさんを無力化出来そうですね」そう呟いているのは、手の中にあるカードに送られたメッセージを読んでいるからだ

そこにはまだ会ったことのないウィーム領主の代理妖精の一人が、迂闊にアルテアに心を許さないようにと書き連ねている

誰も見ていないのに、歯磨きに行った浴室で一人凛々しく頷いたネアが可愛くて、誰もいない部屋で少しだけ頭を抱えた

(…………アルテアが、ネアに何かをしたのだろうか)どうしてそういう会話になったのかまではわからなかったが、アルテアを警戒するように言われているのは間違いない

こちらでも見ておこうと考え、念の為に周囲を調べておいた

あなたも好きかも:パチンコ ミューズ
(…………今のところは大丈夫そうか)会話からどうやら対策を講じた後のようなので、もう排除されたのかもしれない

アルテアと契約をしたと聞いてからずっと心配だったが、上手く周囲が気にかけているようなので少しほっとした

昨晩は私にも気を付けるようにと話してくれたし、であればやはり、ネアが安心して寄り添う契約の魔物は自分だけなのだと擽ったい気持ちになる

あなたも好きかも:ウルトラマン パチンコ 保留
けれどもその喜びはすぐに、ネアがどんな作戦を立てているのかの全容を知ってひび割れてしまった

あなたも好きかも:pso2 能力追加 スロット
“後は、果ての薔薇を使って、ディノの記憶を取り戻せれば一安心ですね”ネアがそう考えているのは、この記憶を損なっている戻り時の妖精を毒を、私が意図的に状態保持していると気付いていたからであった

“まさか、ディノが敵になるという状況でこんな風に作戦会議するなんて…”その言葉は、酷く堪えた

(……………ネア、私は君の敵なのかい?)よくわからない初めての感覚で、胸が痛む

確かに彼女の言葉は間違ってはいない

ネアの大事な魔物の記憶を失われたままにしているのは、私なのだから

でも、敵という言葉はあまりにも鋭く、その文字を彼女の手が綴ったことに愕然としてしまう

“ごめんなさい、お手数をおかけします”やり取りの中で何度も、ネアはそう詫びていた

そんな風に無理を押して彼女が誰かを頼っていることも不愉快だったし、自分を欺く為にその行為をしていることはもっと不愉快だ