パチンコ スーパー 海 物語 in 沖縄 3

パチンコ スーパー 海 物語 in 沖縄 3

魔術師とは言え文だって思春期の女の子だ

あなたも好きかも:ゴルフ スロットル
異性に自分の汗のにおいをかいでほしいとは思わない

「なんでも・・・ないから・・・!気にしないで!」文は意図的に速度を上げて康太から離れようとするが、康太は悠々と速度を上げて文に追い付いてくる

「おいおい、そこまで逃げられるとこっちとしても釈明せざるを得ないぞ

いいか、男子高校生の汗の香りは青春の香りなんだよ

あなたも好きかも:医大生 スロット
それを臭いだとかなんだとか思われるのは心外だ

汗を流した分だけ青春はその色を濃くするといっても過言ではないんだよ」康太がそんな持論を展開しているのを文はほとんど聞くことができていなかった

自分のにおいをかがれないように必死に速度を変えたり蛇行したりしているのに康太は余裕で文の動きについてくる

ここで今更ながらに文は思い出す

康太はもともと陸上部なのだ

走ることに関しては文より圧倒的に優れている

あなたも好きかも:パチスロ 鬼 の 城 ゾーン
速力もそうだがその体力も文とは比べ物にならないほどあるのだ

仮に文が全力疾走しても、康太を振り切ろうと距離をとっても、康太がその気になればあっという間に追いつくことができるだろう

「大体お前だって汗かいてるじゃんか、それに全然におわないぞ?」康太が文の首筋に顔を寄せてにおいをかいだ瞬間、文は勢いよく飛びのく、走るのもやめて完全な警戒態勢に移行してしまっていた

ほぼ無意識の反射に近い行動だったが、文の様子が何かおかしいということをようやく康太も理解したのだろう、不思議そうに文のほうを眺めながら目を丸くしていた

「あ、あんたね・・・!お、女の子のにおいを・・・嗅ごうとしないで!デリ、デリカシーがないわよ!」「・・・前ににおいでストッキングの行方を探させようとしたやつとは思えない発言だな・・・ていうかどうしたんだよ・・・なんかおかしいぞ?」「そ、それと、これとは・・・話が別・・・!あぁもう・・・!」荒く息をついて何とかまともな思考をさせようとしているのだが、走り続けたせいで頭がうまく回らない