川崎病 ブラックジャック

川崎病 ブラックジャック

「美春と違って、とっても優しいですっ!!!!」鈴置さんと違って、という部分を強調する森下さんの言葉を聞き取った瞬間に

「………

」テーブルに視線を向けた鈴置さんは、残っていたパンをがしっとつかみ取ってから最速の動きで『狙い』を定めていた

《サイド:鈴置美春》…ったく~!「一々、うるさいのよっ!」千夏に怒鳴りながら、つかみ取ったパンを一閃してみる

あなたも好きかも:パチンコ しのぶ
その次の瞬間に『ゴスッ!!!!』と鈍い音を立てて千夏の頭にパンが激突したわ

あなたも好きかも:スロット 手数料
「にょわぁぁっ!?」千夏は謎の奇声を上げながら泣きべそをかいてた

「…ちょ、ちょっと

美春?今のは酷くない?」カチカチに固いパンの一撃は私が思う以上に痛かったようね

パンで叩いた千夏のおでこはほんのりと赤く染まっていたのよ

あなたも好きかも:パチスロ 検定 通過
「…普通に痛いんだけど?」瞳に涙を浮かべながらブツブツと抗議する千夏だけど

その程度で許してあげるほど私は優しくないわよ?「黙って落ち着くのと、黙って叩かれるのと、どっちが良い?」「ごめんなさい

静かにします」再びパンを構えながら告げてみると千夏は素直に謝ったわ

これで少しは静かになるわね

「ったく