ひぐらし スロット 辛い

ひぐらし スロット 辛い

「あいつにショックを与えないでどうするんだよ

おまえも相川が好きだとか言ってやれ」 険しい小声で助言され、「……そうか

これは流君にショックを与えるための演技か」と改めて脳裏で認識した優樹は、「そ、それじゃあ……」と、恥ずかしげに戸惑いながらも相川の脇腹のシャツを握り、コクンと頷いた

「え、と……、うん

じゃあ……相川君と、一緒になる

相川君のこと……好き、だから」 ボソボソと呟いたあとにそろっと上目で見上げると、穏やかな笑みを浮かべる相川と目が合い、優樹は表情をなくして固まった――

あなたも好きかも:戦記絶唱しないシンフォギア パチンコ
 洋一たちは「どうだ!?」と、見開いた目をサッと反町に向けて状況を確認する

「……お

かなり利いてるみたいだな」 立花がニヤリと不敵に口の端を上げた

あなたも好きかも:パチンコ 7の日イベント
 ――加奈を抱いていた反町の手が拳に代わってフルフルと微かに震えだしている

「本来の自分と操られている自分が心の中で戦ってる、って感じね」 明らかに苛立ちを露わに目を細め出す反町に生美は呆れてため息を漏らし、見つめ合う優樹と相川を振り返った

「優樹、とどめを刺してあげなよ」 そう促され、優樹は「えっ……」と意識を戻して生美を見上げ、困惑げに目を泳がせるとそっと俯いて相川のシャツを握る手に力を入れた