パチンコ ディー ステーション

パチンコ ディー ステーション

 ドラゴンが思うに現在位置の反対側はおそらくだが広大な面積を誇る人間の国か魔物の国

なのでこの炎が星を貫いたとしてもおそらくだが問題無いだろうと、おそらく大丈夫と言うそんな根拠もない思考で割り切り、一人と一匹の火柱はその場に留まる

いや、流石に世界を巻き込むのは問題か

国際問題に発展し兼ねない

人間の国とはそれなりに交流があり、魔物の国ともライたちのお陰で関係が良くなった

あなたも好きかも:千歳市 千歳駅 パチンコ
今更問題を起こすのは良くないな』 だが、支配者としてそう言う訳にもいかなかった

 今現在、まだ小規模の問題はあれど、世界各国との関係は良くなりつつある

元々交流のあった人間の国を始めとし、ライたちの影響もあって魔族の国や魔物の国とも以前よりは良い関係になっているのだ

あなたも好きかも:芦屋市 パチンコ禁止条例
 支配者自(みずか)らがそんな関係を壊す訳にもいかず、自己完結したドラゴンは翼を羽ばたき、火柱から距離を置くように離れた

「ブツブツ何かを言っているなって思ったら……逃走? ちょっと! あまり私を舐めないでよね!」『舐めてなどおらぬ

このままではこの星の反対側に悪影響が及ぶからな

少し抑えさせて貰ったに過ぎぬ』「フン、成る程ね

貴方の見た目はあまり好きじゃないけど、実力とその性格は悪くないって思うよ

だけど貴方が奪った腕の仇……再生したこの腕で討ってあげる……!」 そう言い、マギアは再生した腕を見せて睨み付ける

人間的……というより幻獣的にドラゴンの存在は見た目以外は許容範囲のようだが、やはり腕を一度奪われた怒りは中々消えないのだろう

 本人も言うようにエマのような存在ならウェルカムのようだが、色々と複雑な思考をしているようだ

 そんなマギアを見つめ、ドラゴンは呆れたように一言

『腕が再生したならもう良いだろう