天誅 スロット

天誅 スロット

「わかっていただけましたか?」と微笑むジギスヴァルトを見つめながら、わたしは冷笑を浮かべた

「ジギスヴァルト王子、わたくし、疑問があるのですけれど……よろしいでしょうか?」「何でしょう?」「王族が少しでも早くグルトリスハイトが必要なのは理解しました

けれど、わたくしの人生の予定には王の養女などありませんでした

王の養女となるということは、本来ツェントとアウブの間でお互いに納得できるように十分に時間をかけて話し合い、予定を組んで準備する期間が必要なことではございませんの?」 ジギスヴァルトが笑顔のまま無言で固まったのをじっと見つめながら、わたしは更に言葉を重ねる

「十分な話し合いの時間も準備期間もなく領主候補生を王の養女にしろと命じるのと、領主会議の最終日までにまだ時間のある奉納式の準備を命じるのと、どちらが唐突で大変なことでしょう?……王族にとって、わたくしとの養子縁組は奉納式より簡単に済ませられることなのですか? エーレンフェストもわたくしもずいぶんと軽く見られているようですね」 わたしが面と向かって王族の言動を非難すると、ジギスヴァルトは真顔で何度も瞬きをしながらわたしを見つめた

もしかしたら、わたしのことを何でもおっとりと言うことを聞くお嬢様だとでも思っていたのだろうか

それとも、今までは遠回しな貴族言葉で色々と言う者がいても、面と向かって率直に非難されたことがないのだろうか

「貴女の養子縁組は本当に緊急で差し迫っているからです

決して貴女を軽んじているわけではありません」「緊急で差し迫っているのは王族の魔力不足でしょう? わたくしの成人を待つこともできず、エーレンフェストを混乱に陥れたとしても養子縁組が必要なくらいに緊急なのでしたら、こちらに無茶を命じるのと同じように中央神殿と各地のアウブへ奉納式の準備を命じればよろしいではありませんか

あなたも好きかも:スロット ハッピー ジャグラー v
相手の予定や意見を聞かずに自分の都合だけを振りかざすのは王族の得意技ですのに」「王族は自分の都合だけを振りかざしていると思われているのですか……?」 これでもできるだけ利害調整をしているつもりです、と意外そうな顔で口にするジギスヴァルトにわたしは思わず嫌な顔になってしまう

「こうしてわたくしの意見を聞こうとしてくださっているので、調整する気持ちがあることだけはわかります

けれど、王族の都合を主張するだけでこちらの事情は聞き流していらっしゃるし、こちらに利益を提供することは全くできていませんよね? そもそも、魔力が必要なのも、グルトリスハイトが必要なのも、王族の養女になることも、神事について各地のアウブに教えることも、王族の望みです

どれ一つとしてエーレンフェストやわたくしの望みではございません

そこはご理解いただけていますか?」 本当はグルトリスハイトが手に入ったら読みたいなと思っているが、そんなことはこの場ではわざわざ口にしない