パチンコ おすすめ店

パチンコ おすすめ店

 優樹は「え? ……え!?」と驚きを露わにしてキョロキョロとみんなを見回し、戸惑い反町を見上げた

「な、流君? ……あの、あそこ……」「うん

今日一日借りたから」「……、うん」 ……って、そこが知りたいんじゃない! つい頷いてしまった優樹は頬を引き攣らせ笑い掛けた

あなたも好きかも:ぱちんこ 卒業
「あの……あそこは、昨日……」「うん

あの大雨でも水は綺麗みたいだよ」「……」 ――言葉のキャッチボールが出来ていない気がする

 そう怪訝に眉を寄せていると、みんなの足が本当にプールの側で止まった

それだけじゃない

なぜか「オーッス」と、互いに挨拶をし合う、橋田と岡崎と勇美と小西の姿まで

 ますます訳がわからない状況だが、勇美がいて、ただでは済まない気がする

 優樹は近寄る足をそっと遅らせて反町の斜め後ろに隠れ、そこから不安げに彼を見上げた

あなたも好きかも:メゾンフランシスクルジャン バカラ
「……どうしてイサちゃんたちがいるの?」「よくわからないけどね

あなたも好きかも:リング パチンコ 終焉の刻 最高出玉
参加したいらしいんだ」 やはりなんのことだかわからない

 戸惑いあとを追っていると、「ユーキー!」と、勇美が笑顔で手を上げ近寄ってきた

「昨日、溺れかけたんだってね

ホント、勇典ももうちょっと早くプールに行ってればいいのにさぁ」 人に責任を擦り付けながらも笑顔の勇美に、優樹は「……ははは」とぎこちなく笑った