大海 物語 パチンコ

大海 物語 パチンコ

それじゃあ次は武芸の試験…いいな?」「…どっからでもどうぞ……」「じゃあ遠慮なく…!」そう言ってギルマスはアリスに飛び掛かる

それを最小限の動きで避けてその隙に色んな属性の剣を作る…それも私と戦った時とは別で合計20本

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット サントラ
そしてその20本を上手く駆使してギルマスを追い詰める

それでもギルマスは対抗して何か魔術を使いながら剣を壊す

でも壊した側からアリスが新しく補充する

アリスのmpは武器なしの私のmpより多いからあの剣ぐらいじゃあ合計100本位作れるんじゃない?そうするとどう足掻いてもアリスの勝ちだけど…「終わりだ!これは模擬戦じゃねえ、あくまで実力を見る目的だ」そう言って強制的に終わらせた

アリスも素直に剣を消し校庭の中心から離れ…る前に一言だけ遺して去る

「…次は私より奇想天外だよ?」………ならいよいよ私の番か

苦虫潰しの術(ジツ)を使いながら前へと進む

「お、ハナじゃないか

あなたも好きかも:フ ルーレット 意味
まさかこんな所にいるとはな」それは完全にこっちのセリフなんだよなぁ

今度ギルドに顔見せでもしようかな

「それにあの第二王女様から奇想天外って言われてんだ

その実力見せて貰うぜ?」「こんなとこの試験監督に来るなんて相変わらず暇なの?」「暇だよ!悪いか?」あ、開き直った

まあいいや

懐かしくも安心感のある会話を繰り広げながらほがらかに試験は始まる

「ならまずは魔術のテストだ…って説明いるか?」「聞き飽きたしいらない」「まあそうだよな