スロット フォーション

スロット フォーション

これをここに持ってくることの意味を、理解できないような馬鹿だなんて想像できるわけがない

「きっと『俺』やその仲間なら、側防塔にアンデッドが寄り付かないことに気づき、この匂い袋の存在に辿り着くと思っていたんだろう?それを利用して、ワシェクトを安全に避難させてくれると」 その通りよ

お兄様と仲の良い御使い様ならば、必ずお兄様の場所を見つけ出せば救出する

匂い袋の存在にも気づき、より安全にお兄様を連れ出してくれると

あなたも好きかも:スロット 打ち放題 大阪
「分かっているのなら――っ!?」 そこまで口に出して、思考が一つの意味に気づく

気づきはしても、私の頭はそれを受け入れようとはしない

でもそれが正解なのだと、御使い様の目は言っている

「『俺』はお前を悪だなんて思ってはいない

理解も共感もしてやる

あなたも好きかも:セガ ミニ ゲーム機
だけどその野望は砕くと決めた

だからお前の勝利を奪う選択を行ったんだ

あなたも好きかも:パチンコ パラッツォ 船橋
ワシェクトが死ねば、お前はどうやっても勝者にはなれない」「嘘よ……嘘よ嘘よ!御使い様にそんな非道な真似ができるわけがない!私に敵意を向けないで、そんな残酷なことを――」「敵意ってのはな、害する意思を隠さないものだ

ああ、『俺』は敵意を抱いてはいないよ

俺がお前に向けているのは、ただの悪意だ」 御使い様は疲れたような顔で笑う

その笑みを見てドロリとした感情が全身を巡り、吐き気がこみ上げてきた

 この人は、こいつは、ただ私に勝たせたくないがためだけに、お兄様を危険な立場に追いやった

その上で笑ってみせたのだ