ブラックジャック 3

ブラックジャック 3

冷たい空気と猛烈なカビの臭いがする空間の中で、銀髪の少女は目を覚ました

 棒で突けば一斉に埃や砂塵が降り注ぎ始めそうなほど汚れた天井にぶら下げられているのは小さなランタンだ

傷だらけであるから使い込まれていることが分かるが、天井の板のように古びているわけではないため、元々この部屋の照明用にぶら下げられていたものではないのだろう

 天井にぶら下がっているのは、産業革命以降にあらゆる売店で販売されるようになったモリガン・カンパニー製のランタンだ

あなたも好きかも:スロット ゆるせぽね 天井
冒険者向けに開発されたコンパクトな代物で、それなりに光も強いため、野宿や暗いダンジョンを調査する際に重宝するという

 冒険者だけでなく商人や傭兵たちにも愛用されている代物だが、さすがに暗い部屋の中をそれ1つだけで照らすのは想定外なのだろう

ランタンの中に居座る炎が照らしているのは天井の板と真下にある床の一部だけで、それ以外は除け者にされてしまったかのように暗闇に支配されている

(ここは…………?) 少女が周囲を見渡そうとした瞬間、赤毛の女性の姿がフラッシュバックする

あなたも好きかも:日本 に カジノ
 鮮血を思わせる長い赤毛と、同じく赤い瞳

フードのついた漆黒のコートを身に纏い、複数の銃と変わった形状のナイフで武装していた、キメラの女性

あなたも好きかも:パチンコ 台 の 値段
 そのフラッシュバックが、”起爆スイッチ”となった

 気を失う前に彼女が経験する羽目になった激痛と恐怖が、一斉にアリーシャの脳の中で再び目を覚まし始めたのである

普通の人間ならばすぐに死んでしまうほどの猛烈な激痛と、凄まじい憎悪を纏った敵の殺意