井上由美子 スロット

井上由美子 スロット

 ラベルに描かれたその酒は、流通はしているものの、ありふれたものではない

高価なと、そう前置すれば意味合いは伝わるだろうけれど、それ以上に、入手するにはそれなりの立場が必要になる代物だ

あなたも好きかも:パチスロ まどかマギカ a 解析
「ヴィクセン……」 柔らかい、棘のない女声

あなたも好きかも:鳳凰 パチスロ
腰までと長い黒髪は健在であり、四十近いというのに、未だ若さを保った美貌――ともすれば、幼いとすら思えるような彼女の左手、その甲には、ホンカスという〝組織(セル)〟を示す入れ墨が入っていた

「また、これが飲めるとは思っていなかったわ」「俺だって、まさか持って来るとは思ってもみなかった」「そっちのは?」「旅の同行者――ああいや、俺が同行しているのか

ここに来るのは初めてだ、あまりからかってやるな」「組織じゃないのね」「笑わせるな、仮にもこいつを背負った以上、冗談でも組織なんか作るかよ」「かつても今も、あの野郎に拾われた時点で、それはお前のものよ

そうでしょう?」 薄く、微笑んだ彼女は、愛おしそうに言う

「チィマ・レギア――王の名(レギア)は、あなたのもの」 それを証明しに来たのでしょう、と言われれば、詰まらなそうに鼻を鳴らしてチィマは煙草に火を点け、箱を対面の女に投げた

「癪な話だ、カナリロ・ホンカス

ちなみにホンカスってのは魚、サメの一種らしい

――見覚えは?」 顔を横に向けてサラサを見れば、小さく頷きがあった

「稀だけど船乗りが見かけることもある」「調べてくれたの?」「それこそ、冗談だろう……見知ったカタチの魚を見たってだけの話だ

あなたも好きかも:スロット 業界用語
はっきり言って、俺からの質問はないも同然だ

こちとら旅人で――ここに留まる理由も、今はない

それでも一度くらいは、ツラを拝んでおこうと思った

あんたがくたばる前にな」「あら、あなたが殺してくれるんじゃなく?」「死にたいなら大陸を出ろ」「冗談よ

――当時、何が起きたのか、覚えている範囲を

それと彼の……先代の、墓の場所」「アーベルの湖近くに、墓標がある