大阪 パチンコ 店 閉店

大阪 パチンコ 店 閉店

 「指が無くなると、君も困るだろう」「分かった、分かった

玲阿家の本邸にある

家のどこにあるかまでは知らないけどね」 早口での酷薄

 理事は薄く笑い、端末で連絡を取り始めた

「……軍の英雄だろうと、所詮はロートル

過去の人間だ」「昔の仲間だろ」「奴は歩兵

相手にならんよ」 鼻を鳴らす理事

あなたも好きかも:スロット 野球
 彼は軍の情報部出身

 戦場で銃火の下を走り抜け来た訳ではない

「彼の伯父も情報将校だったらしいけど」「だからどうした」 一瞬険しくなる表情

あなたも好きかも:パチンコ アルバイト 志望動機
 彼にとって触れられたくない部分

 痛い部分を付かれたようだ

「どうもしない

あなたも好きかも:パチンコ ひまわり 真駒内 データ
それより、指が痛い」「抵抗しなければ、拘束は解いてやる

ただ、不審な素振りをすればその指が落ちると思ってもらおう」「これだけの人数に囲まれて、手を出せる訳がない」「……解け」 肩をすくめ、指錠を外すブロンド美人

  秀邦は腕を前に持って来て、息を付きながら指を揉み始めた

 自分で言ったように抵抗する素振りは一切見せず、椅子に腰掛けて大人しくしているだけ