モノポリー スイッチ 遊び方

モノポリー スイッチ 遊び方

そして、見つけてしまう

あなたも好きかも:キャプテン翼 パチンコ 設置店
 確かに約束をしていた

ローウェンと一緒に大会登録したときだ

「私を『ヴアルフウラ』から連れ出してくれるかどうかで賭けてたよね

へへー、あれ、私の勝ちだよね?」「あ、ああ……

あなたも好きかも:ヴぇらじょん
言ってたけど、あれは流石に卑怯じゃないか……?」「駄目っ、約束は約束だよ

んーと、何して貰おうかな……?」 途端に感じていた安らぎが霧散していく

 ラスティアラが提案してきた今までの前科を思い出すだけで、僕は頭が痛くなる

「んー、なかなか思いつかないなあー……」「思いつかないなら、なかったことにしないか?」「待って、待って待って

今、思いつくから!」 ラスティアラは慌てた様子で、頭の中から搾り出そうとする

あなたも好きかも:オムロン アミューズメント パチンコ
 僕は脂汗が止まらない

ラスティアラが悩んだ末に出す答えなんて、ろくなものじゃないに決まっているからだ

 そして、頭のぶっ飛んでいるラスティアラが、うんと悩んだあとに出した答えは――「――じゃあ、抱擁(ハグ)でもしてもらおうかな?」 ――意外なものだった

 余りに似合わない、可愛らしい要求だ

「は、はあ? 抱擁(ハグ)……?」 僕は気の抜けた声を返す

「うん、抱っこだよ

ぎゅーっと抱きしめてみて

こう、物語の主人公が、ヒロインにするようなかんじでさ」「な、なんでだ!? なんで抱っこ!?」 ラスティアラは真剣にジェスチャーで指南を始める

その彼女らしくない要望に、僕は困惑する