ルパン パチンコ 消 され た

ルパン パチンコ 消 され た

「大丈夫じゃないなら……」 言いかけたルッツの言葉をわたしは自分で手を挙げて制した

「大丈夫じゃなくても、もうダメなの

貴族院に行くまではって、目溢しされてて、わたし、二年間寝てて、不安定だったから仕方がないって許してくれていただけで……、本当はもうとっくに離れてなきゃダメだったんだよ」 痛そうにルッツが顔を歪めた

ベンノとマルクが目を伏せて、そっと視線を逸らす

あなたも好きかも:パチンコ玉 鉄
「一緒にいちゃいけない理由は嫌になるほどわかるけど、でも、わからないよ

わたし、なんで二年も寝ちゃったんだろうね? なんで二年も寝たのに完全に治ってないんだろうね? なんでこんなに急にお別れすることになったんだろうね? もう十歳って言われても、自分ではそんなふうに思えないんだよ」 ルッツの手がわたしを慰めようと伸びてくる

 その途中で手が止まって、きつく拳の形に握られた

「……泣くな」 呻くような低い声がルッツの口から漏れる

 顔を上げると、ルッツは立ち上がって、歯を食いしばり、悔しそうな顔でわたしを見下ろしていた

あなたも好きかも:パチスロ 恐怖 新聞
「もう泣くなよ、マイン!」 ルッツからの叱責と「マイン」という名前の響きに驚いて、わたしの涙が一瞬止まる

「この先、いくら泣いても、オレじゃあお前を慰めてやれないんだ

……だから、もう泣くな」 痛いのを必死に堪えているような顔で、自分の無力さを嘆くようにそう言うと、ルッツはもう一度座り直した

 シンとした沈黙が落ちる中、ユストクスが静かにわたしを見ていることに気が付いた

神官長にも共通する、相手を見定めようとする目だ

 心弱っているわたしが思わず視線を逸らして俯こうとするのと、ルッツが「なぁ、マイン」と呼びかけるのは同時だった

ルッツの声にわたしは俯くことなく、視線を動かす

「いつだったか、森へ行く道中に話した将来の夢、マインは覚えてるか?」 そんな質問に、わたしは小さな背負子を背負って、薪や森の恵みを集めるために、息を切らせながら森まで歩いていた頃を思い出す