ドラクエ5 カジノ スロット 確率

ドラクエ5 カジノ スロット 確率

「ごめん、オレ、大島さんって一年生かと思ってて」「よく年下に見られるから

いいです

あなたも好きかも:ガルパン スロット 曲名
大丈夫です」 気遣う笑みを見せる男子に微笑むと、彼は再び足の包帯に目を向けた

あなたも好きかも:携帯 ギャンブル
「部活中の怪我ですか?」「まあ……ちょっと

ドジしちゃって」「サポーターとか持ってます? 痛むようだったら、探して置いてあげますけど」「あっ……いいえっ、全然大丈夫ですっ」 心配をしてくれているのか、不安げに問われて優樹は焦り首を振った

「たいしたことはないですから

すぐよくなると思います」「気を付けてくださいね

あなたも好きかも:oisix スロット
捻挫とかって、クセになるから」「はい

……ありがとうございます」 笑顔でぺこりと頭を下げると、男子も少し微笑んで見せた

「オォーッス優樹ぃー」 そう気怠そうな声が聞こえて振り返ると、大介と一平が並んで階段を上ってくる姿が目に映った

彼らは優樹と一緒に振り返った男子にキョトンとしていたが、「……誰や?」と怪訝に眉を寄せ、優樹に目を戻した

「なんやどないした? 問題か?」「あ、ううん」 優樹は首を振って男子を見上げた

「……それじゃ」「うん

……じゃ」 男子は笑顔を残し、一人で階段を上って行く

その背中を見送り優樹は一息吐くと、近寄ってきた大介と一平を見上げた

「……おはよう

昨日はごめんね、休んじゃって……」「どないや? 足は」 一平が足首を見下ろしながら問うと、優樹は「うん」と頷いて苦笑した