スロット 出率

スロット 出率

あなたも好きかも:ウィンターベリーズ
「ライ君たちとお風呂に入っていないし、一緒に寝ていないよぉ! だから一晩だけ……!」「い、いや……遠慮しておく……そうだ

マルス君で……」「ライさん!?」 ラビアは胸をライの顔に押し付け、身体を左右に動かしながら地面に背中を着けているライを襲っていた

あなたも好きかも:bons casino
 ライは何とか逃れようと、マルスを売って隙を窺《うかが》う

「ふふ……ラビアは相変わらずね

……私からは特に無いわ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 総称
今回もあまり戦っていないし、城ではハリーフを逃がしちゃったし……」 ラビアとライたち六人のやり取りを見ていたシターが、遠くを見るように笑いながら話す

 どうやらシターは責任を感じやすいタイプらしく、あまり役に立っていなかった事が自分で許せないのだろう

……ぶっちゃけ俺も貴女とは話していなかったけど……生物兵器とやらを止めるのに一役買ったんだろ? なら、十分役に立ったって言って良いと思うな……俺は」 ラビアから抜け出したライはそんなシターの様子を見、フォローするように話す

 しかし実際、倒しても再生するのに数が多い生物兵器を相手にしたというだけで役に立っている

 なので、シターは自分が思っているより貢献していたのだ

「ふふ……ありがと

お世辞だとしても嬉しいわ」「あ、ああ……」 ライの言葉を聞き、励まされた事に対して笑いながらライの頭を撫でるシター

 温かく柔らかい感覚がライの頭に伝わり、あまり味わった事の無い感覚に困惑するライ

 祖母に何度も撫でられ、キュリテにも数回撫でられた頭

 ライが何か違和感を覚えるのは、見た事の無い両親の感覚が伝わるからだった