パチスロ 4リール

パチスロ 4リール

古代兵器の復元だろうが、こんなものを普通にもっていることが もうやばい

「……技術力……やはり……違うな……まぁ……我々は……楽だが……」 「味方でよかったよ

ヘリのこと、怒られなかったか?」 「……怒られなかた……逃走の結果……なので……むしろ……良かった……いわれた……」 「戦闘してたら、やばかったということだよな」 「……うむ……」 「でもバランスはとれてるよな

一番強い種族が非戦主義なわけだし」 「……だな……しかし……やっと……落ち着いた……」セイはすでに完全に出来上がっている

いくら酒に強いといっても午前中から良いんだろうか

あなたも好きかも:vmax スロットル ワイヤー 交換
「セイ、なんか様子がおかしくないか?」いつもよりテンションの上がり下がりが激しい気がする

「……あれもまた……マリッジブルー……だ……」 「おいおいおい

俺と本気で結婚する気なのかよ」 「……だと……思う……」 「うーわー……」そこまで思いつめていたのか……

酔っ払って上着を脱いでいるセイを横目で見て、目を逸らす

あなたも好きかも:パチンコ 沖ドキ 設定
とりあえずセイの方は見ないようにして「マイカ、第四王子って何て名前でどんな性格だったっけ」と尋ねるところから始めてみる

正直もう関わりが薄い人まで覚えている脳の容量が無い

「……ルナテリス……王子……無口で……神秘的な……性格……」「おお

あなたも好きかも:コードギアス パチンコ ハマりすぎ
さすがだな

イケメンなんだよな」「……だな……魔族に……侵略された時……さり気なく…… ……タカユキ様……支援したり……自領を……戦乱と……関わらせず……安定させたり…… ……実は相当の……やり手だ……」「で、アルナと結婚寸前と」「……うむ……政略結婚……かとおもたが……どうやら……相思相愛……らしい……」「いいことだな

今回は波風たたないでいけそうだな」「……そう願う……」メイド服のマイカはチラッと横目でセイを見る

俺はその意味は分かったが、スポーツブラ姿で酒に乱れまくっているセイの方は見ないことにする

黒塗りのユーフォーはそのまま音も無く超高速で飛び続け十数分後には、第四王子領の王子居城付近の岩山頂上へと着陸する

飛んで居る間に、ユーフォーの操縦席近くに立って下界を眺めた限り、この辺りは、森と山だらけの地形の合間を縫って町々や城が建てられているような感じだ

恐々と、ユーフォー下部に開いた出入り口からタラップを降りながら周囲の山々や森などの緑塗れの複雑な景色に囲まれた大きな城を眺める