豪傑寺一族 パチンコ

豪傑寺一族 パチンコ

その疑いは正しい

わたしにこんな素敵な物が生み出せるはずがない

「いいえ、メルヴィル・デューイさんのデューイ十進分類法を元に、色々いじった日本十進分類法を更にわたしがいじったので、マイン十進分類法なんです」「メルヴィル・デューイ? どこの何者だ? 聞いたことがないぞ」「もうお亡くなりになってますから、わたしも直接は存じません

そんなことより、神官長はどちらに魔術を分類しますか?」 書字板を示しながら、わたしは神官長に魔術の分類番号について相談する

神官長は意外と真剣に考えているようで、「基礎魔術の部分は……」とか「いや、しかし、魔術具となると……」とか小さな呟きを洩らしながら、軽く目を伏せる

 わたしがわくわくして答えを待っていると、ハッと我に帰ったらしい神官長がコホンと咳払いして、首を振った

あなたも好きかも:百姓一揆 パチンコ
「資料によるとしか言えぬし、君が悩む必要はない」「……何故ですか? 分類番号を振らないと整理できないのですよ?」 首を傾げるわたしの前に、神官長がゆるりと周囲を見回して、コトリと盗聴防止の魔術具を置いた

あなたも好きかも:蒼天2 スロット
わたしはそれを握って、神官長の言葉を待つ

「魔術は貴族のみが扱うものだ

あなたも好きかも:パチンコ 事務 きつい
貴族院を卒業していない青色神官の目に触れさせるべきではないので、魔術に関する資料を図書室に置くつもりはない」 なるほど、隠し部屋に積まれている資料が魔術関係に違いない

そう納得すると同時に、不思議になった

今の神官長の言い方では、まるで青色神官が貴族ではないようだ

「貴族のみが扱うって……青色神官は貴族なんですよね?」「正確には貴族の血を引き、魔力を持つ者だ

貴族院を卒業しなければ、一人前の貴族として貴族社会では認められない」「あれ? でも、青色神官や巫女は貴族社会に戻っていったって……」 実家に引き取られてから貴族院とやらに行ったのだろうか