天馬博士 ブラックジャック

天馬博士 ブラックジャック

クオールは大切な友人であったし、エンジュールでのこともある

あなたも好きかも:恵み野 パチンコ
もっといろいろと話しておけばよかったと思うことも少なくはない

良かったわ」 大ファリアが胸を撫で下ろしたようにいった

「あの子、思う存分、飛べたかしら」「……」 ファリアは、いうべき言葉を持たなかった

 クオールが思うまま飛べたかどうかなど、考えたこともなかったからだ

 クオールは翼を持っていた

どこまでも加速する漆黒の翼だ

それは、彼の飛翼であったが、同時に彼の自由を奪う鎖でもあった

彼は、レイヴンズフェザーによって人生を縛られていた

 最期は、思う存分、飛べただろうか

 彼の最期を考えると、胸が痛んだ

あなたも好きかも:スロット 新大
 だれもが覚悟を持って戦いに臨んだ結果だということはわかっている

理解していても、痛むものは痛むものだ

ファリアは沈黙したまま、祖母とふたりで、しばらく街を歩いた