千葉県 スロット 7のつく日

千葉県 スロット 7のつく日

今だとて、それと同様のことでしかない

 ただ、終らないことへの恐怖はあった

 まだかと、そんなことは思わない

あなたも好きかも:リサイクルショップ スロット 東京
ただ、いつ終わるのかわからない現状、そして時間感覚も希薄な中、いつまで彼らの背中を追えるのだろうかと、思う

 倒れて動けなくなるなら、自分が先だと、勝手に考えた

だから自分が立っていれば、ほかの仲間も大丈夫だろうと、なんの根拠もない信仰を抱き、戦場を続けていく

 自分が死に体であることなど、まったく気付かない素振りをして

焦れている

 いつ終わるのかと、あるいはいつ始まるのかと、先に訪れるはずの結末がどうであれ、均衡が崩れる何かを期待して、まだ続くのかと焦れている

 一つの気の迷い、一つの躊躇、一つの油断、一つの失敗がすべてその均衡を崩す可能性を孕みながらも、それをしないために動いている転寝(うたたね)夢見(ゆめみ)は、それでもと、結末を願う

 ほかでもない――否、自分ではなく、彼らのために、終らせてやりたいと思う

いうなればそれは、瀕死の人間を前にして、生きる可能性を見つけられなかった際に、介錯をしてやる気持ちが近いかもしれない

あなたも好きかも:カイジ3 パチスロ
 限界だ――何度、それを口にしたいと思ったか、わからない

わからないほどに、持続してそれは、ずっと頭の中に浮かび続ける

 左腕がろくに動かない戌井皐月

体力を消費し尽くして、気絶と復帰を繰り返す田宮正和