攻殻機動隊 パチンコ 曲

攻殻機動隊 パチンコ 曲

懐かしくなった時に、あの部屋に泊めて貰えるくらいの贅沢が許されればいいのだが

「いらっしゃいませ」ネアのコートにご執心な、馴染みのロマンスグレーな店員は、ほんの少し目元を腫らしたネアに微かに眉を動かした

あなたも好きかも:スロットスタジアム neo 水戸店
いつもより丁寧にコートを受け取ると、窓際の一番いい席に案内してくれる

あなたも好きかも:パチンコ 禁煙 2020
初めて一人で来たことを訝しんでいるような、年長者らしい心配そうな眼差しだった

「メランジェを下さい」「かしこまりました」雪の降る街をぼんやりと見ている

手を繋いだ子供と父親に、親密そうな恋人達

貴族のものに違いない馬車が通り過ぎ、真っ赤な薔薇の束を抱えた花屋が小走りにすり抜けてゆく

街というものの流動性は、心の澱を洗い流すような効果があった

洗われた心がどんどん透明になってゆく

途中で運ばれてきたメランジェは、持ち手の部分を見るに、以前来た時にネアが感動したスミレの花のカップだ

あなたも好きかも:ざくろ スロット リセット
真っ白なメランジェの泡に、スミレの絵柄が透けて美しい

(小さなケーキが添えてある……)薄くカットされた、ザハ特製のチョコレートケーキと生クリームが乗ったお皿が、さり気なく添えてあった

慌てて振り返ると、先程の店員が小さく微笑みかけてくれる

嬉しくなって、軽く頭を下げた

こういう気遣いが出来るからこそ、最高峰のカフェサービスなのだろう

(幸せだ……)わかりやすく幸せでいっぱいになってしまう自分の単純さに、くすりと笑った

こういう幸運に嬉しくなるとき、人生というものは不思議なものだなと思う