雨宮留菜 プロレス

雨宮留菜 プロレス

あなたも好きかも:パチンコ giga
どれだけ光が強かろうと、彼の視覚が奪われることなどありえない

嗅覚も聴覚も、触覚もだ

あらゆる感覚が全周囲の微々たる変化を捉え、加速度的に遠ざかる船から響く高笑いも耳に届いた

苦虫を潰している余裕はない

彼の視線の先、それはただひたすらに落ちていっている最中なのだ

 純白に発光するそれは、周囲の空間を際限なく歪めながらその肉体を加速度的に変質させ、変容させていっている

そして、そのまま、大海原の真っ只中へと落ち込もうとしている

あなたも好きかも:sankyo パチスロ ゴルゴ13
爆発的な光

神威に近い光の拡散

そして変容

あなたも好きかも:テイルズオブデスティニー スロット 評価
その物体になにが起きているのか、思考を巡らせ、熟考を重ねるまでもない

 リョハンの守護神マリクがいう白化症の発症であり、その急激な進行速度により、神人化さえもが起きていることは明白だ

 肉体の急激な膨張によって彼女の身を包んでいる鎧が弾け飛ぶのが見えた

変容は左肩から始まり、左胸、首、腕、胴体、腰へと伝播するように広がっていた