スロット とうきでん 朝一

スロット とうきでん 朝一

どこからでもと言っても下からとか来られると困るんで、正面からゆっくり来て欲しいと言うのが本音だが、そんな情けない事を言わなくて良いくらいには僕の心は落ち着きだした

あなたも好きかも:ブロス パチンコ
小型魔獣の残党をさくさくと退けようやく落ち着いた頃、ミラの方にも動きがあった様だ

明らかに消耗している魔蛇と他の冒険者に、戦闘の苛烈さを確信する

だが、一人元気に飛び回って身の丈の何倍もある蛇に徒手で挑み掛かるその姿は、間違いなく他の誰とも一線を画していた

彼女なら大丈夫

信じられるだけの根拠を、僕はこれまでに幾らでも目にしてきたんだ

あなたも好きかも:しんのすけ パチスロ
「——はぁあっ‼︎」 狭い樹々の間を縫って蛇の太い尾を躱し、隙を見つけては猛烈な蹴りを見舞うその姿に、さしもの腕利き冒険者達も度肝を抜かれていることだろう

なにせ、随分一緒にいる僕でさえその光景は想定外で……「う……嘘だろお前……」「っしゃあああ!」 彼女の一撃にその巨体が宙を舞う

そんな馬鹿な⁉︎ と、心の中で叫ばずにはいられない

あなたも好きかも:パチンコ 風車 上下
だが、事実として魔蛇はのたうちながら地面に叩きつけられ、すぐにとぐろを巻いてチロチロと舌を出してミラの方を睨み返した

もう他の冒険者など眼中に無く、脅威としてその少女を警戒して威嚇しているようだ

「ア……アギトさん? アレって……今朝寝ぼけてたミラさんっスよね……? 本当に同じ人っスよね⁉︎」「気持ちは分かる……アレはまごう事なく、蛇の魔女を倒したミラだよ」 優勢も優勢、もはや勝勢と言って過言でないくらいにミラが押している

他の冒険者が口を挟む余地すらない

だが、どうにも決めあぐねているようだ

決定打が、あの巨体を倒しきるだけの火力が足りない

鱗に覆われた、硬くしなやかで大木の様な太さのその胴体は、ミラの一撃をもってしても突き破れない

「——っ! アギト、オックス! 撤退! 今すぐここを離れて! あんた達もさっさと逃げる!」 彼女の発言に、僕らは勿論、競争相手に身を案じられた冒険者達も首を傾げる

確かに決定打に欠けるかもしれないが、押しているのはミラだ

撤退という事は何か不都合があって……もしかして魔力切れ⁉︎ と心配したのも束の間、まだまだ元気そうな姿で戻ってきたミラに担がれて、僕らは魔蛇から遠ざかる