スロット 1g連

スロット 1g連

《サイド:米倉宗一郎》午後7時を過ぎた時刻

滅亡した王都ミッドガルムの南部で続いていた戦いも、ついに終わりを迎えようとしていた

「堪え凌げ!!生き残ることを優先して防衛を続けろ!!!」必死に叫びながら戦闘を続行していたのだが

死を覚悟のうえで突撃を続けるミッドガルム軍の猛攻によって、共和国軍もセルビナ軍も追い込まれてしまったのだ

あなたも好きかも:香芝 パチンコ 駐車場
「西側の守りが崩れましたっ!!ミッドガルム軍が突撃してきます!!」…くそっ!伝令部隊の報告を聞いて焦りが増していく

数だけを見れば優勢だったはずの共和国軍とセルビナ軍だが、この数時間の攻防戦において戦況はミッドガルム軍に傾きつつあるようだった

「もはや防衛もままならんか!」悔しさを感じながら必死に打開策を考えようとするのだが、新たな策が思い浮かぶ前にさらなる伝令が届いてしまう

「東部の戦場においてミッドガルム軍の足止めを行っていた近藤悠輝と竜崎慶太が撤退しました!足止めを受けていたミッドガルム軍が接近しています!!!」…何だとっ!?撤退の報告を聞いた直後に、ミッドガルム軍がセルビナ軍の側面へと突撃を始めてしまっていた

「「敵を蹴散らせーっ!!!!」」「「セルビナ軍を殲滅しろ!!!」」怒涛の勢いでセルビナ軍に攻撃を開始したミッドガルム軍の猛攻によって、これまで辛うじて堪え凌いでたセルビナ軍が一気に瓦解してしまったのだ

あなたも好きかも:そに子 パチンコ
《サイド:野々村》…ちぃっ!…もはやこれまでかっ!次々と倒れていく仲間達を眺めながら敗北を実感してしまった

「飯塚駿一の仇もとれぬまま朽ち果てることになろうとはな

あなたも好きかも:ドラゴンクエスト5 カジノ 必勝法
」こうなるともはや全滅に至る前に最期の特攻を試みるしかない

「セルビナの名にかけて、一兵でも多くの敵を倒して見せるっ!」老いぼれた体に最後の気力を振り絞ってミッドガルム軍に立ちはだかる

ホンの僅かでも時間を稼ぐために

そして一秒でも長く共和国軍を存続させるために

玉砕覚悟の攻撃を行うことにしたのだ

「幼き聖女を死なせはせん!!」懸命に救助活動を続ける栗原薫を守り抜くために命懸けで盾となることを選択する

そしてミッドガルム軍に突撃を始めた瞬間に

「俺はまだ戦えるっ!!!」ルーンを構えた近藤隊長がミッドガルム軍の兵に斬りかかっていったのだ